Posts

アメリカで家を買う

 アメリカで家を買う 少し前に一軒家を購入したのでメモ。 探し方 基本的にはネットで全て探せる。RedfinとかZillowとか。地域や価格などのフィルター条件を設定しておき、毎週水木金あたりに一覧をチェックするとよい。 オープンハウス 多くの家が、掲載された週にオープンハウスを行う。予約なども必要なく、指定された時間内にどの家に行けばよい。 大抵は1人のエージェントがいて、見学者からの質問に答えてくれる。どの程度エージェントが関わってくるかは家ごとに大きく違った。最も消極的な家では、エージェントはリビングに座って、質問された時だけ答える形式だった。最も積極的な家では、すべての見学者に一人の案内エージェントを割り当て、隅々まで細かく説明してもらえた。 家に入る前に名前電話番号メールアドレスを要求する家もあれば、家の中にあるゲスト帳に記入を促す家、何も個人情報を聞かない家もあった。 多くの家が、靴を脱ぐか靴カバーの着用を必須としていた。靴カバーは再利用されて衛生的ではなかったりするので、使い捨てカバーを自分で持っていくとよい。 稀にオープンハウス前に売買が決定することがある。向かう前に最新情報のチェックを忘れずに。また、本当に良いと思った物件には直ちに見学の申し込みを。 不動産エージェント 多くの買い手が不動産エージェントを雇う。少なくともこの地域では、売主側が3%の手数料を買主のエージェントに支払う。エージェントは、買主の希望に合った家を探し、見学、交渉、購入手続きを手助けしてくれる。 ただ高額な家になると3%の手数料に見合った仕事をするのかどうかはとても微妙である。受け取った手数料の一部を買主に還元してくれる、安いエージェントも存在する。 不動産ローン 今の不動産市場はとても競争的なので、事前にローンのPre-approvalをもらっておく必要がある。自分がいくらまで借りられるかを知ることもできるので、家を探す前にやっておくとよい。 注意点としては、一つのローンのPre-approvalを申し込むと、クレジットヒストリーを問い合わせるので、スコアが若干下がることがある。もしスコアが不安な時には、同時に複数のローンの審査に申し込む必要があるかもしれない。 変動金利か固定金利かの判断は事前によく考えておくとよい。家を長期保有しない場合は変動金利で安い金利の恩恵を受けた

読書: Jurassic Park / The Lost World

 Jurassic Park / The Lost World 映画の原作本。90年と95年。 映画版と似ているところも多いが、語っているテーマはだいぶ違う。ネタバレは避けたいのであまり書かない。 再起動のテストが不足しているだとか、致命的なヒューマンエラーを引き起こしかねないユーザーインターフェースとか、今でもありがちな光景が広がっていた。

読書: How to Win Friends and Influence People

 How to Win Friends and Influence People よく名前を目にするし、いつか読んだプログラミング本で似たようなフレーズが使われていたので読んでみた。 いくつかの原則をあげ、それを肯定する個人的な経験をあげていく形式。具体的な事例をあげることで、原則を補足し、その根拠としている。 本の最初のほうで、表面的なテクニックに頼らず誠実であるべき、と話しているが、後に出てくる事例は怪しく感じるものもある。利己的にならないよう気を付けよう。 この本を読んでおけば、相手が似たような手法を使ってきたときに気付くかもしれない。

読書: Cat's Cradle

 Cat's Cradle ice-9が出てくる本。Person of Interestででてきたウィルスの元ネタ。 登場人物それぞれ勝手なことをして破滅する。科学も宗教も利己的。

読書: The Making of a Manager

 The Making of a Manager Twitterで誰かがおすすめしていたので読んだ。新人マネージャ向けの本。 ミーティングだとかフィードバックだとかで役に立つ細々したことについて、作者の経験に基づいて書かれていた。やってはいけない失敗のリストとか。 何か目新しいアイディアが書かれている、というわけではないけれども、新しくマネージャになるときに読んでみると何か失敗を防げるかもしれない。 いくら仕事を部下に分け与えていっても、常に新しい問題は起こり続けるから大丈夫。

Raspberry pi 4 でSambaを動かし家庭用NASへ

 背景 長らく自宅ではQNAPのNASを使っていたものの、その信頼性に不安が生じているのでRaspberry piで自前で用意することにした。 今使っているNASは過去3年間に2回故障、無償で修理はされたものの、送料は自己負担だし、配送先は間違えられるし、とても汚れた基板に付け替えられただけで返ってくるなど、不満点が多かった。一番大きかった問題点は、NAS自体が壊れた時のデータ救出の不透明さ。非公式には他のユーザが方法を公開しているものの、そんなリスクを冒してまで使い続けるメリットがこのNASにはない。 自宅サーバーの管理の手間を省くために家庭用NASを購入したのに、修理交換などで余計に時間を費やしていて本末転倒である。 セットアップ 使ったのはRaspberry pi 4 メモリ2GB。Ubuntu Server 20.04。ストレージにはUSB-C接続の2.5HDD。HDDの駆動電力が供給できるか心配だったが、今のところはRaspberry piからの電力供給で特に問題は起きていない。 通常通りMicro SDカードにUbuntu Serverを書き込み、ネットワークの設定をしてRaspberry piを起動。DHCPサーバーで固定IPアドレスの割り当て設定。作業用のユーザーアカウント作成。 ファイルシステムにはEXT4を使用した。他にはBtrfsも検討した。データの破損検出やスナップショットなど、魅力的な機能は多かったが、安定性を最優先にしたいのでシンプルにEXT4にすることにした。データの整合性管理はもっと上のレイヤーでバックアップを作成するときにすることにする。 ファイルシステム作成 HDDをUSB接続すると自動でデバイスが認識された。とても楽。まずはfdiskでパーティションの設定。既に作られていたものを削除し、最大の大きさでパーティションを1つ作成。 ファイルシステムを作るときに注意した点は二つ。inodeあたりのバイト数と、root用予約領域サイズ。 inodeあたりのバイト数は、デフォルトではとても小さく設定されていたと思う。今回は写真や動画の保存がメインのストレージなので4MBに設定した。デフォルトでも良いが、多少の効率化はできる。 予約領域はゼロへ。完全にデータ用のストレージなので必要がない。 sudo mkfs.ext4 -T largefi

読書: Head First Design Patterns

 Head First Design Patterns デザインパターンについての本。今まで体系的に本で学んだことがなかった。Wikipediaとかでつまみ食いしていただけ。この本では、よく使われる一部のデザインパターンが紹介されている。 写真や図を使って、すごくわかりやすく説明されていた。初めて学ぶ時でもすらすらと読み進められると思う。同じことを何度も繰り返し説明してくれるので、自分で読み返さなくても記憶への定着が良い。 デザインパターンについて次に読むとしたらGoFの本になるかなぁ。